millio鍛造鉄板収納ケース(正・長方形両用)

カラー

オプションの値段詳細
兵庫県三木市の鍛冶屋ブランド「millio」と同じく兵庫県加古川市の帆布鞄ブランド「aplysia camp」が、お互いのハンドメイドに対するこだわりを融合し生まれた、made in Japan、made in Hyogoの作品です。

生地にはmillio鍛造鉄板の特徴である厚み8世らなる重さ1.4kgに耐える丈夫で目の整った倉敷製帆布を使用し、裏側には汚れが付きにくくサッと拭けて手入れがしやすいコーデュラナイロン500Dを使用。

帆布にはパラフィン(ロウ)加工が施されており型崩れしにくく、水に強く汚れが付きにくい仕様となってます。
また、パラフィン加工は使い込んでいくうちに、柔らかくなじみ、独特の経年変化「チョークマーク」が楽しめ、レザーのように味わい深くなっていきます。

両社の顔ともいえるブランドロゴマークのタグにもこだわり、丈夫な本体の帆布生地に負けないよう、しっかりとした高密度織(越前織)のタグを使用し、横振りミシンをもちいて一つ一つ手作業で刺繍止めし、大切なロゴマークを守っています。

センターのGフックはmillio製品の特徴の一つである槌目模様(ハンマートーン)をmillioの職人によって施しており、一つ一つ違った風合いが楽しめます。

また、付属のショルダーカバー付きパラコードを付けると、小物入れバックとしても使え、millio鍛造鉄板ユーザーでない方も、お出かけやキャンプの際に、サコッシュとしてお使いいただけます。

鉄と帆布、加工する材料がまったく違う職人同士が、お互いをリスペクトし、楽しさ、遊び心を持ちながら作り上げた作品です。

aplysia campの細部まで丁寧に仕上げられた縫製技術によって、長寿の亀を掲げたmillioのブランドコンセプトである「末永くつかってほしい」という作品になっています。


サイズ 縦220mm 横180mm 厚5mm(マチ無) 重量約120g

表生地 倉敷製パラフィン加工帆布

裏生地 コーデュラナイロン500D

カラー オリーブ・グレー